着物買取の価格と布の種類の関係:綸子

着物には種類があり、どのような価値ある製法で作られたか、作られた場所、生地の質や模様の出来栄えのよさ、年代などによって、買取価格が変化します。特に着物買取においては、需要の高いものほど高く買い取る傾向がありますので、新品を購入する時とはまた違った要素を考慮して、売るタイミングを見計らうのが、賢い売り方といえます。

着物の中でも、京都の西陣織が有名ですが、西陣織は糸自体に元々色がついており、その糸を利用しながら刺繍を入れることで、着物が完成します。この製法とはまた違った方法で作られるのが、綸子と呼ばれる生地です。綸子はシルクを使って織られる生地で、肌触りの柔らかさに特徴があります。無地のシルクの生地を作った後に、染色をして完成させます。糸を使って模様を作ったり、ろうを塗りつけて染料が染み込まない部分を用意し、その後に染色をすれば、糸やろうの部分に模様がつきます。染めて作り上げる着物の綸子は、光沢のあるのが特徴で、紗綾型の地紋などがよく利用されます。様々な染め呉服用の生地として活用されています。

基本的に綸子のような染め着物は織り着物よりも、格が高いとされています。作り上げるのにコストがかかる、手間がかかるといった理由があり、昔から染め着物の方が身分の高い人が着ていたとされるほどです。着物買取の世界でも、この差は価格に出ますので、よく覚えておきたいものです。しかし、織り着物であっても高価買取は十分可能ですし、帯に関しては、染めより織りの方が格上とされ、着物買取をしてもらう時に、高く買い取ってもらえることもよくあります。

また、綸子のような染め着物が必ずしも高価買取が可能であるかというと、そうでもないのが現状です。同じ綸子でも、ランクがあり、安く作られた着物も普通に売られているからです。このような着物を買取してもらおうとしても、かなり安く評価されてしまうことを、予め覚えておきながら、着物を購入したり買取を楽しみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ