着物買取の価格と布の種類の関係:羅

着物買取では価格を決定するまでの過程において、それぞれの着物の生地も重要な要素になってきます。

一般的な着物というと美しい絵羽付け模様が描かれた着物や、ごく細かな編み目が染められたものというようなものが想起されますが、そうした一般的な着物のイメージとは違う生地となっているのが羅です。

羅というのは紗を複雑にしたもじり織り、つまり縦糸を絡めるようにして織ることで作られる生地です。これは通常の平織りや綾織りを行う織機では無く特殊な織機が必要で、現在ではあまり作られなくなってしまいました。生地としての特徴は触ると網のような感触がすること、そして編み目が非常に荒く、向こう側が透けて見えるということです。

主に夏場に使用する薄物として使用されていたものですが、向こう側がほぼ完全に透けて見えるため、着物地として使われるよりは帯やコート、小物などに使われるのが基本となります。

着物買取の場では訪問着や振り袖のような晴れ着がメインとして買い取られるようになっていますから、羅の帯やコートだけで売りに出すというのはあまり見られるものではありません。

もちろんしっかりとした産地で作られたものであるのであれば買い取ってもらうことは可能ですが、現在だと夏の薄物というと浴衣程度しか着用されることがなく、一部の着物愛好家が着用するにとどまってしまっています。そうした事情がある以上、羅を使った夏物の帯やコートといったようなものは、買取価格が多少落ちてしまうとして考えた方が良いでしょう。

とはいえ、これは羅で作られた帯やコートのみを買取に出したという場合に限った話です。
美しい浴衣や上布、紗、絽などの夏着物と併せて着物買取に出すようにすれば、着物買取業者はすぐに夏着物のセットとして店頭に並べることができるようになります。

特に夏祭りシーズンを控えた頃には「今年の夏まつりは着物で行きたい」と考える女性が必ずいますから、そうした人に対してアピールできる柄行きであったりするのであれば、ある程度満足いく価格での着物買取を期待しても良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ