着物買取の価格と布の種類の関係:羽二重

着物買取では着物の格式や柄行きなども重要視されますが、それと同等以上に重要な役割を持つのが生地の品質です。

着物買取に出される着物となるとそれなりに良い生地を使っていることが求められることが多く、生地の中でも安価な部類に入るウールやポリエステルなどになると、買取価格はかなり低いものになってしまいます。

もちろんそれ以外であれば全て高値と言うわけではなく、上質な生地ほど高額で買い取られるという傾向は変わりません。
さて、そうした傾向が見られる着物買取において、最も高額で買い取ってもらえる生地のひとつとなっているのが羽二重です。

羽二重は縦糸と横糸を交互に交差させて織ることで作られる織物であり、絹を使って織られた物に関しては光絹と呼ばれることもあります。
通常の平織りでは縦糸と横糸の数は一本ずつなのですが、この羽二重は縦糸が二本、横糸が一本で織られています。

これによって生地は軽く柔らかく、それでいて光沢があるという理想的な物となり、和服の裏地としてはこれ以上ない最高級の物となります。
しかしながら絹糸という素材自体が非常に高額な物であり、その高価な糸を縦糸として二本使うのですから非常に高額な生地ともなります。

加えて礼装、例えば訪問着として使用するにしても他の生地が使用されることが多くなっているため、この羽二重を用いた訪問着などは比較的珍しい存在となっています。
外見の美しさが優れているために着物ファン以外にも十分魅力ある商品になりますし、かつ着物ファンにはさらなる人気が見込めます。
商品として仕入れてもすぐに買い手が付くことが期待されるほどのものであるため、着物買取においても高額買取を期待できるのです。

正絹を用いている以上デリケートな品質がありますから、完璧な状態で保つにはしっかりとした管理が必要になってきます。
そのためもし羽二重を用いた着物を持っているのであれば、着物買取に出すことができるほどの状態を保つように細心の注意を払ってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ