着物買取の価格と布の種類の関係:錦織

不要になった着物があるなら、着物買取店に持ち込むと、処分をしながらお金に換金することができ、大変お得です。着物買取で高価買取を狙うには、着物であれば何でもよい訳ではありません。着物にもグレードが存在するからです。

数ある着物の中でも、豪華な着物であるのが錦織です。錦織とは、金や銀を中心に、鮮やかな色の糸を用いて刺繍を入れ、文様を作る着物の総称です。糸はデザインに合わせて色を染め上げるため、とても手の込んだ作業となります。錦織の中でも、代表格となるのが、京都の西陣織です。とても有名な布から作られた着物で、まるで絵画のような豪華な文様が見る人を惹き付けます。振り袖や礼装用の帯の他、人形衣装や舞台衣装、能衣装などにも、西陣織はよく使われています。

職人による手縫いの着物ですので、価格は着物の中でも高額となっており、知名度と人気の高いものですから、着物買取店での買取価格にも、かなり期待ができることでしょう。帯を売る時には着物がないと買い取ってもらえないイメージがあるでしょうが、西陣織の帯であれば、これだけでも数万円から数十万円といった価格がつくことはよくあります。帯だけであっても、着物買取店に持ち込むメリットは高いのが現状です。

高価買取を狙う際には、高級な布であればよいだけでなく、注意をしておきたい点があります。他の要素として、保管状態が査定に影響を与えます。着物は汚れや虫がつきやすいものですので、使用した後には早めに専門のクリーニング店で綺麗にしてもらってから、保管するようにしたいものです。そうでないと、汗や皮脂のシミ、食べ物や飲み物、化粧品の汚れが残ってしまい、保管状態の悪い着物として、着物買取店側に判断されてしまいます。

また基本的に、できるだけ新しい着物の方が、高価買取が狙いやすくなっています。使わなくなった着物はたとえ高価なものでも、勿体ないと考えずに、早めに着物買取店へ持ち込んでしまうのがよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ