着物買取の価格と布の種類の関係:綴織

高級な帯に使われる技法である綴織。平織の一種で、数色の色糸を使った緯糸(よこいと)で経糸(たていと)を包み込むことにより、緯糸のみで図柄を表現します。主に京都の西陣で織られており、コンピューターによるプログラミングを駆使し織機で生産されるものから、熟練の職人でも一日たったの数センチしか織れないような高級品まで存在します。また綴織には、人間の爪で引っ掻くようにして少しずつ織る爪綴という技法もあり、女性用の帯だけでなく男性用の角帯でも最高級クラスの帯として、高級呉服店で販売される貴重な帯です。

着物買取における綴織のポジションは、言うまでもなく高額査定の対象です。そこで着物買取を依頼する前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。まず、どんな目利きであっても、産地や品質を証明した証紙や保証書などを見れば安心できますし、着物買取後の販売においても、それらが大きなセールスポイントとなりますので、もし見当たらなければタンスなどをしっかりチェックして探し出しておきましょう。特に高級な手織りの綴織や地道な作業で織られた爪綴の帯には、織元や織った職人の名前が記載された証紙や説明書が添付されており、伝統工芸士の作であれば、伝統工芸のマーク入りシールが貼られています。

女性用の帯としては、織り柄が少なめな六通よりも全通のほうが着物買取において高額査定の傾向にありますが、いずれにしましても、帯は食事などで汚れやすいだけでなく、着用することでどうしても織りしろが付きやすいので、着物買取を依頼する場合、高級品であればあるほど、シミ抜きや染色補正をしてから査定にのぞんだほうが、むしろ結果的に高額査定であるケースが少なくありません。帯にはかんしては長着や羽織以上に使用感が着物買取においてチェックされやすいポイントとなりますから、日ごろ着用するさいに丁寧なメインテナンスを心がけておくことで、急な出費で高級な綴織の帯を手放さざるを得なくなったときに役立ちします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ