愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

着物買取の価格と布の種類の関係:唐織

お稽古事をしていたり、パーティーやイベントへ頻繁に出席することのある女性なら、豪華な着物を着用する機会が多く、レンタルではなく、個人用として所持している場合も多いことでしょう。

もし、着物が不要になったなら、着物買取をしてもらうと、意外にも高く買い取ってもらえる可能性がありますので、大事に保管しておきたいものです。
着物買取の世界では、新品の着物を買う時のように、品質やブランドによって価格が変動するようになっています。着物買取ならば、これら要素に加えて、需要の高さも価格に反映されます。

高級とされている着物の一つとして、西陣織があります。これは金銀の糸などで刺繍が施された、錦織のことで、京都で作られている伝統の布になります。西陣織は、固有の布につけられる名称ではなく、京都の西陣という地域で作られた錦織の総称として使われているものです。

その西陣織の中でも、高価買取が狙える織物として、唐織と呼ばれるものが存在します。唐織は様々な色の糸を組み合わせて、細やかで正確な刺繍が施された錦織です。錦織の中でも最高峰といわれるほどの評価を受けており、着物買取店へ持っていけば、高値をつけてもらえるでしょう。

唐織は着物だけでなく、帯にも使われています。着物と帯をセットで着物買取店へ持ち込むのが理想ですが、必ずしも両方揃っている必要はなく、帯一本からでも受け付けてくれる買取店はたくさんあります。
高価買取をしてもらうなら、一つの店舗に限定しないことです。買取価格はどの店舗も共通ではなく、相場を参考に買取店が独自に価格を決定します。鑑定士の技術に関しても、店舗によって差がありますので、一つの店舗の査定額が高かったからといって、すぐに決断しないようにしましょう。今ではインターネットでも着物買取ができる店舗がたくさんありますから、無料査定などのシステムを活用し、コストを掛けずに様々な店舗へ査定を依頼して、最も高く買い取ってくれる店舗と契約するのがおすすめです。…

着物買取の価格と布の種類の関係:絽

夏着物の素材として、特にフォーマルな場所で着用される礼装や準礼装で使われることが多い絽。長着だけでなく、羽織や帯、袴でも使われますが、最近では化学繊維のものも見かけるものの、基本的に絹で織られています。

着物買取においては、アイテムによって査定額に大きな差が生じるアイテムですが、なかでも気をつけたいのが絽の喪服。家紋が入っていて購入層が狭くなることと、現代においては着用する頻度が極端に少ないため、よほど高品質かつ高級品でないかぎり、着物買取において高額査定が期待できないものと考えて差し支えはありません。

いっぽう、男性着物において絽の黒紋付は流通量が少なく、また着用の機会も女性の喪服と比べて幅が広いため、絹はもとより、汗をかきがちな夏には取り扱いが楽な化学繊維の絽であっても、着物買取においてはけっして無視することができないアイテムとなっています。また袴にかんしても流通量が少ないだけでなく、反物自体が稀少ということもあり、着物買取において歓迎されるアイテムであることは言うまでもありません。

さらに絽の訪問着や帯に関しては、無地よりも友禅染めが施されたタイプに人気があります。買取価格にも影響があることです。近年の地球温暖化現象によって、着物を着用するサイクルに変化が生じており、特に帯にかんしては晩春ともいえる5月でも絽の帯を締めることも稀ではありません。つまり着用期間が長くなったアイテムの一つでありますが、やはり汗をかきやすい夏着物であることにかわりはありませんので、汗ジミや襟元の汚れには特に注意する必要があります。着物買取において一番のマイナスポイントは、着用感と目立つシミです。これらは着物の着用後にチェックしていても、タンスのなかで着物を長期間保管したままにしておくと、特に白や薄い色合いのものですと黄ばみが生じることも多々あり買取価格には大きな影響が出てしまいます。ですので、シーズンごとにクリーニングやシミ抜きに出しておくことが、着物買取で高額査定を得るうえでも大切です。…

着物買取の価格と布の種類の関係:綸子

着物には種類があり、どのような価値ある製法で作られたか、作られた場所、生地の質や模様の出来栄えのよさ、年代などによって、買取価格が変化します。特に着物買取においては、需要の高いものほど高く買い取る傾向がありますので、新品を購入する時とはまた違った要素を考慮して、売るタイミングを見計らうのが、賢い売り方といえます。

着物の中でも、京都の西陣織が有名ですが、西陣織は糸自体に元々色がついており、その糸を利用しながら刺繍を入れることで、着物が完成します。この製法とはまた違った方法で作られるのが、綸子と呼ばれる生地です。綸子はシルクを使って織られる生地で、肌触りの柔らかさに特徴があります。無地のシルクの生地を作った後に、染色をして完成させます。糸を使って模様を作ったり、ろうを塗りつけて染料が染み込まない部分を用意し、その後に染色をすれば、糸やろうの部分に模様がつきます。染めて作り上げる着物の綸子は、光沢のあるのが特徴で、紗綾型の地紋などがよく利用されます。様々な染め呉服用の生地として活用されています。

基本的に綸子のような染め着物は織り着物よりも、格が高いとされています。作り上げるのにコストがかかる、手間がかかるといった理由があり、昔から染め着物の方が身分の高い人が着ていたとされるほどです。着物買取の世界でも、この差は価格に出ますので、よく覚えておきたいものです。しかし、織り着物であっても高価買取は十分可能ですし、帯に関しては、染めより織りの方が格上とされ、着物買取をしてもらう時に、高く買い取ってもらえることもよくあります。

また、綸子のような染め着物が必ずしも高価買取が可能であるかというと、そうでもないのが現状です。同じ綸子でも、ランクがあり、安く作られた着物も普通に売られているからです。このような着物を買取してもらおうとしても、かなり安く評価されてしまうことを、予め覚えておきながら、着物を購入したり買取を楽しみましょう。…

着物買取の価格と布の種類の関係:羅

着物買取では価格を決定するまでの過程において、それぞれの着物の生地も重要な要素になってきます。

一般的な着物というと美しい絵羽付け模様が描かれた着物や、ごく細かな編み目が染められたものというようなものが想起されますが、そうした一般的な着物のイメージとは違う生地となっているのが羅です。

羅というのは紗を複雑にしたもじり織り、つまり縦糸を絡めるようにして織ることで作られる生地です。これは通常の平織りや綾織りを行う織機では無く特殊な織機が必要で、現在ではあまり作られなくなってしまいました。生地としての特徴は触ると網のような感触がすること、そして編み目が非常に荒く、向こう側が透けて見えるということです。

主に夏場に使用する薄物として使用されていたものですが、向こう側がほぼ完全に透けて見えるため、着物地として使われるよりは帯やコート、小物などに使われるのが基本となります。

着物買取の場では訪問着や振り袖のような晴れ着がメインとして買い取られるようになっていますから、羅の帯やコートだけで売りに出すというのはあまり見られるものではありません。

もちろんしっかりとした産地で作られたものであるのであれば買い取ってもらうことは可能ですが、現在だと夏の薄物というと浴衣程度しか着用されることがなく、一部の着物愛好家が着用するにとどまってしまっています。そうした事情がある以上、羅を使った夏物の帯やコートといったようなものは、買取価格が多少落ちてしまうとして考えた方が良いでしょう。

とはいえ、これは羅で作られた帯やコートのみを買取に出したという場合に限った話です。
美しい浴衣や上布、紗、絽などの夏着物と併せて着物買取に出すようにすれば、着物買取業者はすぐに夏着物のセットとして店頭に並べることができるようになります。

特に夏祭りシーズンを控えた頃には「今年の夏まつりは着物で行きたい」と考える女性が必ずいますから、そうした人に対してアピールできる柄行きであったりするのであれば、ある程度満足いく価格での着物買取を期待しても良いでしょう。…

着物買取の価格と布の種類の関係:羽二重

着物買取では着物の格式や柄行きなども重要視されますが、それと同等以上に重要な役割を持つのが生地の品質です。

着物買取に出される着物となるとそれなりに良い生地を使っていることが求められることが多く、生地の中でも安価な部類に入るウールやポリエステルなどになると、買取価格はかなり低いものになってしまいます。

もちろんそれ以外であれば全て高値と言うわけではなく、上質な生地ほど高額で買い取られるという傾向は変わりません。
さて、そうした傾向が見られる着物買取において、最も高額で買い取ってもらえる生地のひとつとなっているのが羽二重です。

羽二重は縦糸と横糸を交互に交差させて織ることで作られる織物であり、絹を使って織られた物に関しては光絹と呼ばれることもあります。
通常の平織りでは縦糸と横糸の数は一本ずつなのですが、この羽二重は縦糸が二本、横糸が一本で織られています。

これによって生地は軽く柔らかく、それでいて光沢があるという理想的な物となり、和服の裏地としてはこれ以上ない最高級の物となります。
しかしながら絹糸という素材自体が非常に高額な物であり、その高価な糸を縦糸として二本使うのですから非常に高額な生地ともなります。

加えて礼装、例えば訪問着として使用するにしても他の生地が使用されることが多くなっているため、この羽二重を用いた訪問着などは比較的珍しい存在となっています。
外見の美しさが優れているために着物ファン以外にも十分魅力ある商品になりますし、かつ着物ファンにはさらなる人気が見込めます。
商品として仕入れてもすぐに買い手が付くことが期待されるほどのものであるため、着物買取においても高額買取を期待できるのです。

正絹を用いている以上デリケートな品質がありますから、完璧な状態で保つにはしっかりとした管理が必要になってきます。
そのためもし羽二重を用いた着物を持っているのであれば、着物買取に出すことができるほどの状態を保つように細心の注意を払ってください。…

着物買取の価格と布の種類の関係:芭蕉布

着物は普段着用をする機会が少なく、結婚式や成人式などのような特別な時にしか着ることはありませんから、タンスの肥やしになってしまっている場合が多いはずです。

着物は高価なものになりますから、不要になったまま保管をしておくのは、とてももったいないことです。ましてや、着物の場合、着用をしなくても、普段から定期的なお手入れが必要になり、それを怠りますと、生地を傷めてしまうことになりますから、保管をするだけでも手間がかかってしまうのです。

ですから、不要になった着物は、着物買取を利用して、売却をしてしまうことがよい方法になるのです。着物買取を利用すれば、お金にすることができますし、手間がかかるお手入れも必要なくなります。また、保管に場所をとっていたタンスの中もすっきりとさせることができます。

着物買取を利用する際には、どのような着物の種類が高額買取になるのか、気になるところですが、着物の場合には、洋服とは違って、布の種類によって価値が変わります。着物は、大半が上質な生地で作られていますが、その中でも、高額な買取をしてくれる布の種類がありますから、売却をしたい着物が、どのような生地で作られているのか事前に下調べをすれば、買取価格のだいたいの相場を把握することが可能になります。

例えば、着物の生地の種類の中の1つに、芭蕉布という種類がありますが、この種類の場合、人間国宝級の人が作ったもの場合ですと、100万円を超える価値がある場合もあります。

芭蕉布とは、バショウ科の多年草イトバショウから採取した繊維を使って作られた布のことで、沖縄県や奄美群島の特産品になります。薄く張りのある感触が特徴で、夏の着物や蚊帳、座布団など多岐にわたって用いられていますが、太平洋戦争後に、アメリカ軍によって、多くのイトバショウが切り倒されてしまったため、絶滅の危機に瀕していて、現在では、国指定重要無形文化財、経済産業大臣指定伝統工芸品となっているのです。

そのため、芭蕉布で作られた着物は、高額買取になる可能性が高いですから、もし、お手持ちのものが芭蕉布であった場合には、注意して売却をするようにしましょう。そのような高額な着物の場合、優良な業者でなければ、適切な価値の判断がされず、極端に安価な値段で買い取られてしまう危険があります。ですから、着物の知識に特化した業者を選ぶようにしましょう。…

着物買取の価格と布の種類の関係:錦織

不要になった着物があるなら、着物買取店に持ち込むと、処分をしながらお金に換金することができ、大変お得です。着物買取で高価買取を狙うには、着物であれば何でもよい訳ではありません。着物にもグレードが存在するからです。

数ある着物の中でも、豪華な着物であるのが錦織です。錦織とは、金や銀を中心に、鮮やかな色の糸を用いて刺繍を入れ、文様を作る着物の総称です。糸はデザインに合わせて色を染め上げるため、とても手の込んだ作業となります。錦織の中でも、代表格となるのが、京都の西陣織です。とても有名な布から作られた着物で、まるで絵画のような豪華な文様が見る人を惹き付けます。振り袖や礼装用の帯の他、人形衣装や舞台衣装、能衣装などにも、西陣織はよく使われています。

職人による手縫いの着物ですので、価格は着物の中でも高額となっており、知名度と人気の高いものですから、着物買取店での買取価格にも、かなり期待ができることでしょう。帯を売る時には着物がないと買い取ってもらえないイメージがあるでしょうが、西陣織の帯であれば、これだけでも数万円から数十万円といった価格がつくことはよくあります。帯だけであっても、着物買取店に持ち込むメリットは高いのが現状です。

高価買取を狙う際には、高級な布であればよいだけでなく、注意をしておきたい点があります。他の要素として、保管状態が査定に影響を与えます。着物は汚れや虫がつきやすいものですので、使用した後には早めに専門のクリーニング店で綺麗にしてもらってから、保管するようにしたいものです。そうでないと、汗や皮脂のシミ、食べ物や飲み物、化粧品の汚れが残ってしまい、保管状態の悪い着物として、着物買取店側に判断されてしまいます。

また基本的に、できるだけ新しい着物の方が、高価買取が狙いやすくなっています。使わなくなった着物はたとえ高価なものでも、勿体ないと考えずに、早めに着物買取店へ持ち込んでしまうのがよいでしょう。…

着物買取の価格と布の種類の関係:緞子

日本の伝統的な着物には様々な種類のものがあり、生産地によって価値が大きく変わるものと言えます。

近年では外出の際に着物を着用する人が少なくなりましたが、多くの人が特別な式典のときに限り着用するものとなっています。
着物の特徴として質の良い生地で作られているものが多いという点がありますが、不要になってしまった着物に関して着物買取店に売却することができます。
着物には数多くの布を使った種類のものがあり、使用されている布によっても買取価格に差が出てきます。

従って、着物買取店に売却しようと考えたときには、着物についての様々な知識を持って鑑定をしてくれるところを選択する必要があります
布面が柔らかく光沢が美しい種類のもので、重量感を感じることができる精妙な織物のことを緞子と言います。

現代では地紋に繻子組織のものを緞子と呼ぶこともあり、訪問着や振り袖などに使用されています。
保存の状態が良いものであれば、着物買取店で良い買取価格の査定を受けることができます。

産地がはっきりしているもの伝統工芸品の場合には、さらに高い需要が見込める着物となりますので、着物買取店で高額な価格で買い取ってもらうことが可能です。
緞子の振り袖や訪問着であれば、高い価格で買い取ってもらうことが予想できますので、使用していない着物があるときには着物買取店に売却してしまうことがおすすめです。
証紙があるときには着物に関する証明書の代わりとなるものと判断できますので、買取価格としても高くなると言えます。

そのために、着物を保管しておく際には証紙についてもしっかりと良い状態で保管しておくことが、着物買取店で高額査定を受けるためのポイントと言えます。
また、新品に近い状態のものであったり、汚れや傷が少ない綺麗な着物であればそれだけ高額買取をしてもらえる対象のものと判断できますので、出来る限り綺麗な状態を保っておくことがおすすめとなります。…

着物買取の価格と布の種類の関係:紬

タンスに閉まっている着物があるときには、着物買取店に売却することによって現金化できます。

ただし、着物買取では査定が行われることで買取価格が決められますので、人気のある着物であったり、欲しがる人が多い色柄であることなどによって査定額が変わってきます。
需要の高い着物の種類としては、訪問着や留袖などの礼装用のものが挙げられますが、普段着として扱われる紬について高額な査定が受けられる品物と言えます。

紬は生糸として使用できない繭から作られた織物のことで、丈夫で光沢を放つことが特徴となります。
近年では生産量が少ないこともあって、独特の生地の質感を持っている紬は着物の愛好家に高い人気を誇っていると言えるものですので、着物買取で高値で買い取ってもらうことが可能です。

着物買取の査定を受けるときには、伝統工芸品である証明として証紙を付けて持参すると買取価格を引き上げてもらうことができます。
証紙は反物の端につけられている紙のことで、紬の種類に関しても記載されて押印が施されています。

伝統工芸品として希少性が高いと評価を受けている種類のものや、作業の工程がたくさんあるために人気が高いものとなっているときには、着物買取で高額な買取価格が付けられることが予想されます。

紬には多数の種類があるために、証紙がないことによって見分けが付けられないものもあると考えられますので、伝統工芸品であっても証紙がなければ着物買取で高値が付けられないこともあります。

そのために、着物を購入した際に付いている証紙に関して、大切に保管しておくことが着物買取で高額査定を受けるためのポイントとなります。
着物買取店ではホームページ上に買取価格の目安について掲載しているところも多いですので、査定を受ける前に自分が売却する予定の着物がどの程度の買取価格になるのか、確認しておくことがおすすめです。

また、複数の買取店の査定を受けてから、最も良い買取価格を提示してくれるところに売却することも良い方法だと言えます。…

着物買取の価格と布の種類の関係:綴織

高級な帯に使われる技法である綴織。平織の一種で、数色の色糸を使った緯糸(よこいと)で経糸(たていと)を包み込むことにより、緯糸のみで図柄を表現します。主に京都の西陣で織られており、コンピューターによるプログラミングを駆使し織機で生産されるものから、熟練の職人でも一日たったの数センチしか織れないような高級品まで存在します。また綴織には、人間の爪で引っ掻くようにして少しずつ織る爪綴という技法もあり、女性用の帯だけでなく男性用の角帯でも最高級クラスの帯として、高級呉服店で販売される貴重な帯です。

着物買取における綴織のポジションは、言うまでもなく高額査定の対象です。そこで着物買取を依頼する前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。まず、どんな目利きであっても、産地や品質を証明した証紙や保証書などを見れば安心できますし、着物買取後の販売においても、それらが大きなセールスポイントとなりますので、もし見当たらなければタンスなどをしっかりチェックして探し出しておきましょう。特に高級な手織りの綴織や地道な作業で織られた爪綴の帯には、織元や織った職人の名前が記載された証紙や説明書が添付されており、伝統工芸士の作であれば、伝統工芸のマーク入りシールが貼られています。

女性用の帯としては、織り柄が少なめな六通よりも全通のほうが着物買取において高額査定の傾向にありますが、いずれにしましても、帯は食事などで汚れやすいだけでなく、着用することでどうしても織りしろが付きやすいので、着物買取を依頼する場合、高級品であればあるほど、シミ抜きや染色補正をしてから査定にのぞんだほうが、むしろ結果的に高額査定であるケースが少なくありません。帯にはかんしては長着や羽織以上に使用感が着物買取においてチェックされやすいポイントとなりますから、日ごろ着用するさいに丁寧なメインテナンスを心がけておくことで、急な出費で高級な綴織の帯を手放さざるを得なくなったときに役立ちします。…

着物買取の価格と布の種類の関係:縮緬

京友禅や加賀友禅といった友禅染めや、江戸小紋を代表とする型染め、さらには無地であっても女性の艶やかな着物の装いに欠かせない素材である縮緬。滋賀県北部の長浜や京都府北部の丹後が主な産地として知られており、特に長浜の浜縮緬の最高級品は、有名な京友禅作家による高価な着物に採用されています。

柔らかい素材感から基本的には女性の着物に使われますが、昨今ではオシャレ着物として男性でも江戸小紋で型染めされた反物で仕立てる人がいます。

ひとえに縮緬といってもオーソドックスなシボのあるタイプだけでなく、丹後縮緬などで見られる紋織りや、浜ちりめんで見られる古代織りを再現した鬼シボと呼ばれるタイプまで多種多様です。ただ反物の状態では白生地ということもあり、どのような染色が施されているかで、着物買取においては価値がかわってきます。

たとえば京友禅や加賀友禅の場合、有名な作家による友禅であれば、当然のことながら着物買取においては高額査定の対象となります。ただ、いかに流行の波が小さいと言われる着物とはいえ、やはり時代のトレンドがあるため、それに合った色合いや絵柄であるほうが、着物買取において有利であることはいうまでもありません。有名な作家による友禅には、作家による一筆書きや保証書、証紙といったものがありますので、着物買取を依頼する前にチェックしておくことが大切です。

また有名な作家による友禅でなくても、有名デパートや呉服商で仕立てられた着物であることを証明するものがあれば、同じようなクオリティの着物を比較して、出所のわからないものより着物買取において有利になることがあります。

いずれにしましても、縮緬という素材は同じ絹織物でも大島紬とは対照的に、水分に対して大変デリケートな素材で、雨などで水分を含むと縮んでしまうことも少なくありません。ですから、着用にさいしては撥水加工などを施して、突然の雨降りへの対処だけでなく、食事やワインなどで汚れをつけないよう細心の注意を払うことが大切です。…

サブコンテンツ

このページの先頭へ